■PET検査で分かるがんの種類

がんを発見するために行われるPET検査は、1回で全身のがんを調べることができますが、全てのがんを発見できるわけではありません。PET検査にも、見つけるのに得意ながんと苦手のがんがあります。発見できるがんとしては、主に肺がん・乳がん・子宮がん・食道がん・大腸がん・すい臓がん・頭頸部がんなどがあります。一方、胃や食道などの消化器系の粘膜に発生するがんや、膀胱などの泌尿器系に発生するがんは、発見できないと言われています。なので、PET検査で発見できない他の気になるがんも調べたい場合は、CT・MRI・超音波検査・血液検査などを併用することで調べることができます。

■PET検査の弱点を補える最近のがん検査とは?

細胞の活動状況を画像化して確認することができるPET検査は、小さながんも発見できて、早期発見が可能な検査と言われています。しかし、CTのように細かい位置や形を画像化して確認することはできません。そのため、発見できないがんもあるわけです。そこで、近年注目されつつあるのが、PET-CT検査というがん検査です。このPET-CT検査は、PET検査とCTの長所を合わせた検査で、PET検査単体と違い、細胞の活動状況と位置や形の画像を組み合わせることで、より精度の高い検査が行えますし、がんの位置の速く特定できるため、検査時間も短くて済みます。また、PET検査とCTそれぞれ単体で検査するよりも被ばく線量が少ないので、体に負担がかからないというメリットもあります。

■あの有名芸能人もPET-CT検査でがんを早期発見

タレントの野々村真さんが検査を受けた時、改めてPET-CT検査の精度の高さを確認できました。、野々村さんは、フジテレビの「バイキング」という番組の企画でPET-CT検査を受けて、肺がんに進行する可能性がある異常が発覚しました。でも、早期に発見することができたので大事に至らなかったようです。このように、たまたま番組の企画で受けた検査で、がんの可能性がある異常を早期発見できた野々村さんのように、PET-CT検査を受けることで、健康だと思っ
ていた方でも、がんが見つかるといったケースは結構あります。私は大丈夫と思わずに、35歳くらいになったら、PET検査もしくはPET-CT検査を受けるようにしましょう。

PET検査の費用を比較して最適な病院を探す