After Effectsの使い方!

<Adobe After Effectsの使い方講座>397時間動画パソコン教室のDVD2に収録
Adobe Creative Suite 画像

アフターエフェクトの使い方が簡単にマスターできる動画ビデオ

After Effects(アフターエフェクト)とは、アドビシステム社の映像加工ソフトウェアの名称です。397時間動画パソコン教室2013の中では、デジタルビデオ合成スキルの習得のためにアフターエフェクト(AfterEffects//7.0/CS3/CS4)使い方を3時間の動画で解り易く解説しています。モーショングラフィックスや、動画映像の加工や合成といった作業に特化したアプリケーション。エフェクトの複雑で細かい設定ができ、映画の映像編集・CM 制作・テレビ・ゲーム・アニメ・Web などのコンテンツ制作に広く利用されています。プロの映像デザイナーが使用する標準アプリケーションをマスターし、Webサイトのインパクトを高める映像作成技術を学びます。初心者の方でも、Adobe After Effectsの基本操作を簡単にマスターできるように解説しています。

アフターエフェクト使い方講座の詳しい内容は、コチラで確認できます。

アフターエフェクトの使い方DVDの内容

●動画パソコン教室DVD3 : 動画でわかるAfter Effects<アフターエフェクト>の使い方!講座
●収録時間 : 3時間
●収録項目 : 52項目

全目次

AfterEffects/アフターエフェクト使い方講座/7.0/CS3/CS4【3時間】

第1章 素材の読み込みと管理

001 素材をプロジェクトに読み込む
003 PhotoshopやIllustratorファイルをコンポジションとして読み込む
007 ムービーファイルを読み込んでノンインターレースに変換する
009 After Effectsファイルを読み込む
010 Premiereファイルを読み込む
011 フォルダ内のすべてのファイルを1度に読み込む
013 静止画シーケンスのフレームレートを変更する
016 読み込んだファイルを削除する
020 プロジェクトの構成を確認する

第2章 コンポジションの作成と設定

021 コンポジションを作成する、設定を変更する
022 コンポジション設定をプリセットに登録する
023 ピクセル縦横比を切り替えて作業する
024 色深度(ビット深度)を変更する
025 タイトル/アクションセーフゾーン、グリッド、定規を表示する
026 マルチビューや3Dビュー表示に切り替える
027 ビデオやオーディオをプレビューする
028 カスタムの設定でRAMプレビューする
029 オーディオだけをプレビューする
030 特定の部分だけを手動でプレビューする

第3章 タイムラインに素材を配置

032 新規平面レイヤーを作成する
033 平面レイヤーの色、サイズ、ピクセル縦横比を変更する
034 タイムラインにフッテージを配置する
035 レイヤーを現在の時間に配置する、移動する
036 複数のフッテージをまとめて配置する
037 レイヤーを複製する
038 レイヤーを分割する
039 レイヤーに名前をつける
040 複数のレイヤーを同時に選択する
041 同じ種類のレイヤーをまとめて選択する
042 イン/アウトポイントを移動してレイヤーをトリミングする
045 レイヤーをカットつなぎで配置する
046 1秒間のディゾルブ効果をつけてレイヤーを配置する
047 シーケンスレイヤー機能でレイヤーを並べ替える
048 シーケンスレイヤー機能で新規レイヤーを挿入する
049 不要なレイヤーを隠す
050 レイヤーをロックして変更できないようにする
051 ガイドレイヤーを参考に作業する
053 早回し、スローモーションにする
054 ムービーレイヤーを逆再生する
055 ムービーの特定のフレームだけを表示する
056 ムービーの再生速度を徐々に上げる
057 ムービーの途中から再生速度を変える
062 [ソロ]スイッチで他のレイヤーを非表示にする
063 ワークエリアを指定して作業する
065 時間スケールをズームイン/ズームアウトする
066 タイムラインにマーカーをつける
069 音楽のビートに合わせてレイヤータイムマーカーを追加する
070 描画モードを変えて下のレイヤーと合成する

第4章 基本アニメーション

071 オブジェクトに直線的な動きをつける
072 オブジェクトに曲線的な動きをつける
073 オブジェクトを回転させる
074 オブジェクトを拡大、縮小する
075 オブジェクトをフェードイン、フェードアウトする
081 モーションブラーを適用する
083 ペンツールを使って複雑なモーションパスを作る
085 マウスの動きをモーションパスにする

第5章 テキストアニメーション

097 テキストレイヤーを作成する
098 段落形式のテキストレイヤーを作成する
099 文字のアウトラインを作成する
100 文字が横にスライド移動して決まる
101 文字が少しずつ現れて上にスライド移動して決まる
102 文字がジャンプして決まる
105 1文字ずつ画面に飛び込んで決まる
106 文字が回転しながら決まる
107 左右に広がっていた文字が中央にピタッと揃う
109 パスに沿って文字を動かす

01 インターフェイスと作業の流れ
02 ファイルを読み込む
03 コンポジションを作成する
04 エフェクトを適用する
05 7つのレイヤーを使い分ける
06 レイヤーの順番
07 キーフレームで変化をつける
08 マスクで適用範囲を指定
09 RAMプレビューとは
10 映像を書き出す
11 色彩を変更する
12 描画モードによるコントラストを調整する
13 フィルムのような演出をする
14 テレビ画面風にする
15 古い白黒テレビのようにする
16 イラスト風にする
17 味のある白黒イメージ
18 景色を変える
19 アジアンテイスト風の演出をする
20 南国風の演出をする
21 文字のズーム
22 部分的に輝かせる演出
23 マスク機能でぼかす
24 マスク機能で人物をコピーする
25 白い部分を飛ばして、陰影をつけるには
26 テキストを光らせる方法 ガウスを使った方法
27 テクストを光らせる レイヤーを使った方法

以上の充実の内容が動画で見ることが出来ます。



先着500名さまに限定価格で提供中!今すぐ確認してください。
↓↓↓
>> こちらをクリックしてください <<


安心の返金保証もついてるぞ!

この教材で勉強してパソコンの能力がまったく上達しない場合の完全返金保証がついています。
★※返金については:コチラをクリックしてサイト内の記述をご確認ください。★