Excelの使い方講座

<Microsoft Office Exelの使い方講座>397時間動画パソコン教室のDVD3に収録

Excelの使い方!が簡単に解る動画ビデオ

Excel(エクセル)とは、Microsoft によって提供されている表計算ソフトウェアです。主に表計算やグラフの作成や簡易データベースなど、データ分析に特化したソフトです。関数入力やマクロ機能と組み合わせるこ とにより、企業などの複雑なデータを管理および処理に力を発揮します。一般のオフィスワークでは必須となるスキルです。Excelの基本スキルから応用まで、優れたオリジナル動画テキストで学習します。

  • MOS資格やMOUS資格の取得を狙うことができます。
  • まったくの初心者でも基本から上級まで習得できます。
  • 関数を身につけることができます。
  • マクロVBAを身につけることができます。
  • ビジネスデータの分析をすることができます。
  • 集計表やデータ分析表をスピーディーに作成できるようになります。
  • データ分析などの応用的な使用法、グラフの活用法、作業の自動化が学べます。
  • Excelの動画参考書を15時間分を手にいれることができます。

エクセル(Excel)動画講座の詳細はコチラで確認できます。

Excelの使い方!エクセル入門講座の内容

●動画パソコン教室DVD3 : Microsoft Office EXCEL講座
●収録時間 : 17時間
●収録項目 : 219項目

■動画でわかるEXCEL/エクセル① [基本編]【3時間】
Excelとは?
エクセルの起動方法
エクセルの基本画面の解説
ブックを、セル・シート・ブックに分解してみる
ツールバーのカスタマイズをして、ツールバーのボタンをすべて表示する
エクセルを終了する
データ入力の基本
データの入力と削除 文字や数値をセルに入力する
日本語入力で、日本語をセルに入力する
表示形式で、日付や時刻を入力するには
オートフィルで、連続したデータを入力する
行の挿入で、新しい行を増やすには
オートコンプリート機能で、同じデータを簡単に入力する
セル内のデータを修正し、入力した文字を修正する
セルを削除するには?いらないセルを削除
ブックの保存、ファイルの保存
表の見た目を整える
ファイルを開くには
セルの幅を修正する
文字に太字を使うには
文字をセルの中央に持ってくるには
フォントサイズで、文字のサイズを変えるには
セルを結合し、複数のセルをひとつにつなげる
カラーパレットで、文字とセルに色を付ける
罫線を引くには
罫線ツールバーで、二重線を引くには
セルの書式を設定して、表の内側に点線を引くには
書式のコピーをして、設定済みの書式を他のセルに使う
セルのコピーをする
名前を付けて保存する
印刷について
印刷プレビューで、印刷結果を画面で確認する
印刷の向きを変えて、用紙の向きを変える
余白の設定をして、用紙の中央に表を印刷する
ヘッダーとフッターを設定し、日付と作者名を印刷する
プリンタで印刷する
改ページプレビューで複数ページに分けて印刷する
印刷範囲を設定して、設定した範囲を印刷する
数式を使って計算する
通貨スタイルを設定し、金額の形式で表示する
セル参照を使った数式で、計算する
オートSUMを使い、自動的に合計を求める
平均値を使い、オートSUMボタンで平均を出す
数式のコピーをする
セル参照のコピーをして、常に特定のセルを参照する数式を作る1
絶対参照について セル参照のコピーをして、常に特定のセルを参照する数式を作る2
パーセントスタイルで、%で表示する
小数点表示桁を上げて、小数点以下を表示する
参照式のコピーをして、数式の入った表をコピーする
参照式の修正をして、数式のセル参照を修正する
条件付き書式の設定をして、計算結果によって書式を変える
グラフウィザードでグラフを作る
位置とサイズの変更をして、グラフの位置と大きさを変える
グラフ内のフォントの変更をして、グラフ内の文字の大きさを変える
軸の目盛りの調整をして、目盛りの間隔を変える
グラフデータの追加をして、グラフ対象データの範囲を広げる
プロットエリアの書式 グラフエリアの背景をかえる
グラフの種類を変更する
グラフを含むシートを印刷する
データベース
データベースとは
データベースの入力
入力規則の設定を行い、日本語入力のオン・オフを自動で切り替える
ウインドウ枠の設定を行い、見出しの行を常に表示
データのソートで、データを並べ替える
セル幅の調整をして、内容に合わせてセルの幅を調整する
列の非表示で、いらない列を隠す
縮小印刷をして、ページ範囲を手動で設定する
印刷タイトルで、すべてのページに見出しの項目を入れて印刷する
オートフィルターで、特定のデータだけを表示する
エクセルをもっと使いこなす!!
シートに名前をつける
シートをコピーする
シートの色を変える
いらないシートを削除する
テキストボックスで、シート上の自由な位置に文字を入力する
並べて比較し、二つのブックを並べて比較する
インデントを使い、字下げして表示する
コメントで、セルに吹き出しをつける
ユーザー定義書式で、日付の書式設定を変更する

■動画でわかる Excel/エクセル② [上級編]【3時間】
文章の一部の書式を変えるには <文字の書式設定>
書式を変える条件を複数設定するには <条件付き書式>
入力したデータに自動的に文字を付け加えるには <ユーザー定義書式>
複数の書式を登録して使うには <スタイルの作成>
挿入した行の書式を選ぶには <挿入オプション>
複数のシートの表を1ページに印刷するには <図のリンク貼り付け>
複数のシートを一度に印刷するには <作業グループの印刷>
項目数の多いデータを効率よく入力するには <データフォーム>
データベース内のデータを検索するには <データの検索>
データを複数の条件で抽出するには <オートフィルタオプション>
セルに100以下の数値しか入力できないようにするには <入力規則>
データを項目ごとに集計するには <データの集計>
ピボットテーブルはこんなに便利 <ピボットテーブル>
データベースから項目別の集計表を作るには <ピボットテーブルの作成>
ピボットテーブルで表示する項目を変えるには <アイテムの変更>
ピボットテーブルをグラフにするには <ピボットグラフの作成>
データから直接ピボットグラフを作るには <ピボットグラフレポート>
集計表から数値の大きいデータを抽出するには <アイテムの抽出>
ピボットテーブルにフィールドを追加するには <集計フィールドの挿入>
複数のシートからピボットテーブルを作るには <表の統合>
Excelを使った試算方法 <シミュレーション>
計算結果が目標値になるように試算するには <ゴールシーク>
試算パターンを複数作るには <シナリオ>
複数の試算結果の一覧表を作るには <テーブルの作成>
関数ってなに? <Excelの関数>
関数を使って便利な請求書を作るには <数式や関数の入った表>
今日の日付を自動的に表示するには <TODAY関数>
小数点以下の金額を切り捨てるには <ROUNDDOWN関数>
条件によってセルの表示を変えるには <IF関数>
別々のセルに入力された文字を組み合わせるには <&(アンパサンド)>
金額を3桁区切りにするには <TEXT関数>
セルやセル範囲に名前を付けるには <セルの名前の定義>
セルの名前を使って数式を作るには <セルの名前の参照>

■動画でわかる エクセル関数 超基本【30分】
and関数 (3分)
average関数(2分)
count関数(2分)
countif関数(2分)
if関数(3分)
if関数2(2分)
if関数3(2分)
if関数4(2分)
offset関数(5分)
or関数(3分)
round関数(2分)
row関数(2分)
sum関数 (2分)

■動画でわかるExcel [関数編]【3時間】
数式を入力して複数のセルを合計する
オートフィルで数式を連続コピーする
オートSUMボタンで関数を使い、セル範囲を合計する
関数の挿入から、数式を求める
Avarage関数で、平均値を求める
絶対参照から、数式をコピーしてもセル参照を変更しない
成績表を作る
関数の使い方になれる
countblank関数で、空白セルの数を数える
rank関数で数値の順位を求める
if関数で、条件によっての結果を二通りに分ける
引数の修正を行い、一度確定した関数の引数を変更する
関数のネストで、IF関数で結果を3通りに分ける
シフト表を作る
TEXT関数で、日付から自動的に曜日を表示する
WEEKDAY関数で日付の曜日を知る
セル参照の行か列のどちらかを絶対参照にする
計算表を作る
hour関数を使い、6時間45分を、6.75時間に直す
ceiling関数、floor関数、time関数を使い、きりのいい時間に直す
見積書を作る
match関数で、内容を検索してセルの位置を調べる
index関数で、表の中から行と列を指定してひとつのデータを取り出す
編集や印刷にいらないセルを非表示にする
住所録を作る
ASC関数で、全角文字を半角文字にする
LEN関数で、セルの中の文字数を数える
FIND関数で、文字列の中から指定した文字の位置を調べる
left関数、right関数で、文字列の一部を取り出す
mid関数で、文字列の一部を取り出す
substitute関数で、文字列を検索して置き換える
会員名簿を作る
phonetic関数で漢字のふりがなを表示する
datedif関数で、2つの日付の差を調べる
追加したデータに同じ書式や数式を適用する
売上分析表を作る
名前の定義で、セルの範囲に名前をつけて数式をわかりやすくする
SUMIF関数で、同じ分類のデータを合計する
DSUM関数で、指定した条件のデータを合計

■動画でわかるExcel [ビジネスデータ編]【3時間】
ほかのシートのデータを1つにまとめる <データのコピー>
データの入力ミスを見つける <オートフィルタ>
文字列に含まれている余分なスペースを削除 <検索と置換>
半角文字を全角文字に変換 <JIS関数>
テキストデータを取り込む <テキストファイルウィザード>
売上データの特徴を把握 <売上データの分析方法>
製品ごとの売上を集計する <ピボットテーブル>
四半期ごとに集計する <列フィールドの追加>
製品の売上順位を確認する <並べ替えてトップテンを表示>
グラフを使った売上データの分析方法を確認 <グラフを使った分析方法>
予算の達成率を確認する <2つのグラフを使った予実の確認>
ABC分析に必要なデータを準備する <累積売上高を求める数式>
ABC分析で製品を売上からランク分けする <パレート図 >
製品ごとの市場での位置づけを確認する <PPM分析>
製品ごとの売上成長率を確認する <売上成長率を求める数式>
製品ごとの利益率を前年度と比較する <データテーブルの表示>
製品ごとの利益率と売上成長率の関係を確認する <利益率と売上高成長率のバブルチャート>
支店別の予算達成状況を把握する <条件付き書式>
地域ごとの商圏規模と売上の相関関係を調べる <近似曲線>
地域それぞれの商圏規模と売上の相関関係を調べる <商圏規模と売上の相関分析>
業種と売上の相関関係を調べる <業種別顧客数・顧客あたり売上散布図>
製品の特徴を分析 <製品分析>
自社の近隣製品と比較する <代替財の売上推移分析>
自社の近隣製品と比較する <代替財の売上構成比分析>
自社の近隣製品と比較する <代替財の相関分析>
自社製品間の売上関係性を分析する <補完財の売上推移分析>
自社製品間の売上関係性を分析する <補完財の売上構成比分析>
自社製品間の売上関係性を分析する <補完財の相関分析>
競合製品の影響を分析する <月別売上表と月別シェア推移表からの分析>
販売チャネルと売上の関係を分析する <販売チャネル別売上変動率の折れ線グラフ>
<価格と売上の2軸折れ線グラフ>
<価格と販売量の2軸折れ線グラフ>
<価格と売上の多項式近似曲線>
<価格と販売量の指数近似>
<価格、売上、販売量の相関関係>
広告媒体の分析方法 <広告媒体の分析方法>
広告媒体による売上のかたよりを把握する <広告媒体の売上高棒グラフ>
広告媒体の効果を分析する <広告媒体別推移グラフ>
広告媒体ごとの効率を分析する <獲得顧客数×顧客獲得単価の散布図>
地域ごとの広告投資分析を行う <地域別投資回収率のグラフ>
アンケート結果を数値化 <VLOOKUP関数>
年齢と顧客満足度の相関関係を分析 <回答者属性と顧客満足度の相関分析>
条件によって操作が変わるマクロ
条件によって操作を変える <If ~ Thenステートメント>
セルの値によって処理を変える <If ~ Thenステートメントマクロ?T>
セルの値によって処理を変える <If ~ Thenステートメントマクロ?U>
いろいろなマクロ
マクロをボタンで実行する<フォームボタンの作成>
画面にメッセージを表示する <MsgBox関数>
ダイアログボックスからデータを入力する <InputBox関数>
名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示する <GetSaveAsFilename メソッド>

■動画でわかるExcel [マクロ&VBA編]【3時間】
<Excelのマクロ>
<Excelのマクロの使い道>
マクロを作る <マクロの自動記録>
マクロを含んだブックを開く <セキュリティレベルの設定>
記録したマクロを実行する <マクロの実行>
特定の項目だけを自動的に表示する <オートフィルタ>
並べ替えと印刷をまとめて行う <並べ替え、印刷>
マクロを組み合わせて使う <マクロ実行の自動記録>
相対参照 <相対参照、絶対参照>
1行おきに色を付ける <相対参照マクロ?T>
項目ごとに違った書式を設定する <相対参照マクロ?U>
別のシートにデータを転記する <相対参照マクロ?V>
マクロが実行されるしくみ <マクロとVBAの関係>
作ったマクロを修正する <マクロの修正>
VBAの特有の機能 <VBAでしかできないこと>
VBAのしくみ<VBAの構造>
VBAのしくみ<メソッド、プロパティ>
VBAを入力する場所 <Visual Basic Editor>
新しくモジュールを作る <モジュールの挿入>
セル範囲の指定をする <Rangeプロパティ>
セルに入力されている値を調べる <Valueプロパティ>
セルに今日の日付を入力する <値の設定>
セルに計算した値を入力する<値の取得?T>
プログラムを省略して見やすくする <Withステートメント?T>
見やすいプログラムを入力する <Withステートメント?U>
セルの値同士を計算する <値の取得?U>
ある条件になるまでマクロをくり返す <Do ~ Loopステートメント>
プログラムを字下げして見やすくする <インデント>
データの入っている行だけを計算する <Do ~ Loopステートメントマクロ?T>
行方向に計算をくり返す <Do ~ Loopステートメントマクロ?U>
変数 <変数>
変数を定義する <変数の定義>
一定の回数マクロをくり返す <For ~ Nextステートメント>
指定したセルの値を順に削除する <For ~ Nextステートメントマクロ?T>
指定した範囲内で1行おきに色を付ける <For ~ Nextステートメントマクロ?U>
条件によって操作が変わるマクロ
条件によって操作を変える <If ~ Thenステートメント>
マクロをボタンで実行する<フォームボタンの作成>
ダイアログボックスからデータを入力する <InputBox関数>

以上の充実の内容が動画で見ることが出来ます。



先着500名さまに限定価格で提供中!今すぐ確認してください。
↓↓↓
>> こちらをクリックしてください <<


安心の返金保証もついてるぞ!

この教材で勉強してパソコンの能力がまったく上達しない場合の完全返金保証がついています。
★※返金については:コチラをクリックしてサイト内の記述をご確認ください。★