空き家管理代行サービスとは?

空き家管理代行サービスをご存知でしょうか?オーナー様に代わって空き家を管理するサービスで、ここ数年の間に利用者が急増しています。 その背景には、2015年2月26日に空き家対策特別措置法が施行され空き家を放置しておくと様々な罰則を受ける可能性がでてきたことがあります。 地方自治体は、空き家のオーナーに指導・勧告・命令が可能となり、最悪の場合は、解体や除去など強制執行を行います。

現在、空き家数は820万戸を超え、放置された空き家が様々な問題を引き起こしています。「人が住んでいない家をどうして管理する必要があるの?」と 思われるかも知れませんが、人が住んでいることが自然のメンテナンスなっています。逆に人が住んでいない家屋は、老朽化が進み様々な問題を引き越します。 特に地域住民の生活環境を脅かす問題は以下の通りです。

【1】空き家の老朽化が進み地震や台風など災害による倒壊の可能性がある。
【2】空き家は監視の目が緩く、犯罪者の隠れ家や取引の場所にされる可能性がある。
【3】動物や虫が住み着いて匂いや鳴き声で近所に迷惑をかける。
【4】樹木や雑草など庭木が近所の敷地まで伸びて迷惑をかける。
【5】ゴミが捨てられて景観および衛生上の問題が発生する。

このような問題だけではありません。建物の老朽化が進むと、水漏れや雨漏りなど水回りの問題や外装や外壁など崩壊の問題もあります。 さらに定期的に建物の通気や喚起も必要ですし、郵便物が溜まったり、ゴミが溜まったり清掃が必要な場合もあります。 自治体から「特定空き家」に認定されて命令に従わないと行政が強制的に撤去し、かかった費用を物件の持ち主に請求できるのです。

空き家を放置すると「特定空き家」に認定されてしまいます。だからと言って解体して更地にすると優遇税制も廃止されているので 固定資産税が6倍に跳ね上がります。このような背景から人が住んでいない空き家を管理するために 空き家管理代行サービスの利用者が増えているという訳です。 放置したままの空き家が心配な方は空き家管理代行サービスをお試しください。

詳しくはコチラから

詳しくはコチラから

最適な空き家管理代行サービスが見つかる!

相続した実家が誰も住まないので空き家のまま放置されている。海外への赴任や転勤のため一時的に空き家になってしまう。など様々な事情で空き家が増えていますが、 「人が住んでいなくても管理が必要」となった今、空き家管理代行サービスの活用は有効なものとなりました。 空き家管理代行サービスに求める管理は、持ち主によってまるで違います。

定期的に巡回して異常を確認するレベルから、郵便物の整理やゴミの清掃、植木や雑草の管理や 雨漏りや水漏れの管理、さらには外壁や外装の管理や部屋の換気や通気まで空き家の管理は多岐に渡ります。 空き家管理代行業者によって対応できるサービスや価格がまるで違うので、求めるサービスによって見積を取ることが大切です。

しかし実際に管理する物件は、実家であったり、現在の住まいから遠隔地であることが多いので管理業者を探す時も地域に対応できる空き家管理代行業者を探さなくてはなりません。 できれば数社から見積を取り寄せ料金や管理プランを比較して選ぶのが理想的です。

しかし手間もかかるし面倒くさいのも事実!でも、こんな方にお勧めしたいのが・・・

一括見積サービスです!

当サイトが紹介している空家管理の空き家管理費用比較君を使えば、 30秒程度で必要事項を入力するだけで複数の空き家管理会社より一括で管理プランと料金が提示されるます。 もちろん地域対応できる業者の見積ですから、それを比較することで、あなたに最適な空き家管理代行サービスが見つかります。ぜひお試しください。

空き家管理代行サービスの一括見積はコチラ

?

空き家管理以外の対策情報

空き家も老朽化が酷い場合は『特定空き家』に指定されてしまう場合があります。こうなると物件を解体して更地にするように強制的に指導されてしまいます。 単に解体するのではなく検討すべき方法がいくつもあります。ここではネットを活用した対策方法をご紹介します。

空き家の売却価格を調べる方法

空き家を解体して更地にすると優遇税制が撤廃され固定資産税が6倍になります。使わない物件を維持するなら売った方が良い判断する方もおられると思います。 しかし老朽化が酷い物件は撤去費用や清掃費用が掛かるため安く買い叩かれるケースも少なくありません。

そこで活用すると効果を発揮するのが不動産一括査定です。 不動産会社は得意とする物件に違いがあるため業者により査定価格が変わります。つまり複数の不動産会社に見積を依頼し、査定価格を比較すると最適な売却価格を調べる事ができます。 でも複数の不動産会社に手配するのは大変!

そこでご紹介するのが、リビン・テクノロジーズ株式会社が運営する『リビングマッチ』という日本最大級の不動産一括査定サイトです。 『リビングマッチ』を使えば、たった数分の手間で空き家の売却価格を調べることができますので、売却を検討している方は活用することをお勧めします。

空き家の売却価格を調べる

土地活用で収益を上げる方法

空き家を解体して更地にすると優遇税制が撤廃され固定資産税が6倍になります。でも売却したくない!色々な理由で、売りたくないという方も少なくありません。

高くなった固定資産税を払い続けるなら土地活用で収益を上げるというのも一つの方法です。しかし本当に儲かるのか分かりません。そこで実際の土地を活用して何ができるのかプロに見積もってもらう方法があります。

そこでご紹介するのが、リビン・テクノロジーズ株式会社が運営する『リビングマッチ』という日本最大級の土地活用一括査定サイトです。 駐車場経営から、アパート経営まで実際の土地に適した活用方法を複数の業者が提案してくれます。このプランを元に初期投資額・運営コスト・収益性を把握すれば土地活用を検討することができます。

無料で駐車場経営プランを提案

空き家の解体工事費用を調べる

もし特定空き家に指定されてしまい建物を解体しなくてはならなくなった時は、解体費用に注意してください。 解体業者の中には、いいかげんな業者も多く相見積りを取って比較しないと数十万円~100万円も費用が違う場合があるからです。

その為には最低でも3社以上の業者に見積を依頼しなければ、適正価格を比較できません。 ところが相見積を取るとそれぞれの業者から強引な営業があったり、断る時に嫌な思いをしたり面倒なことが多いのも事実です。 そんな時に活用すると便利なのが解体無料見積ガイドなのです。 こちらのサイトを活用すると解体工事を600社以上からぐっと安く無料で3社見積り比較できます。 数十万円も解体工事に差が出るのは納得できませんよね。もし解体工事をしなければならない方は、コチラのサイトで費用を調べてください。

空き家の解体工事費用を比較する

その他の土地活用プランを調べる

その他にもの空き家となった土地活用方法は沢山あります。例えば、アパート・マンション経営、戸建賃貸、高齢者住宅などです。 これらの資産活用プランは、駐車場経営とは違い初期投資がかかる場合もあり、より専門的な知識やノウハウが必要になるのは言うまでもありません。 ご紹介するリビンマッチの土地活用プランなら、具体的にプランが決まっている方から、現状プランが未定な方まで、お気軽に資料請求が可能です。 まずは気軽に相談できるのがメリットなので資料請求してみてはいかがでしょうか?

その他の土地活用プランを調べる


当サイトは、最適な空き家の管理代行サービスを探すための情報を提供しています。また空き家を売却したり、空き家を解体して土地活用する時の情報の集め方などネットで活用できる有意義なサイトも紹介しています。

対応エリア

ページの先頭へ