b-s1

セルライトは、1度出来てしまうとなかなか消すことが出来ません。

とにかく、早期発見と早期対処がセルライト対策の鍵となります。

セルライトが出来やすい部分をしっかり把握して、常にチェックをしましょう。

セルライトが出来やすい部分と言えば、ずばり脚です。

脚にセルライトが出来やすいのは、それなりの理由があるのです。

 

脚は、重力の影響を一番受けやすい部位になります。

ですから、血液やリンパ液が溜まりやすくなってしまいます。

でも、普通なら、ふくらはぎの筋力によって、血液もリンパも心臓に向かって押し流されていきます。

だけど、筋肉量が足りなかったり、運動不足だったりすると

血液やリンパが押し返されずに、重力によって脚に溜まったままになってしまいます。

すると、体内の巡りが悪くなるので、脚が冷えたりむくんだりするのですね。

 

また、脚が冷えると代謝が悪くなるので、脂肪がつきやすくなります。

そこにむくみが起きると、脂肪に水分や老廃物がくっついて肥大化してしまいます。

肥大化した脂肪をそのままにしておくと、やがて繊維化されてしまい、これがセルライトとなるのです。

つまり、脚にセルライトが出来やすい理由は、下半身の血液循環の悪さやリンパの流れが滞るからなのです。

 

特に、太ももはリンパ管が集中しています。

しかし、普段の生活の中では、太ももを動かすことはとても少ないでしょう。

ウォーキングなどをしていれば動かすこともありますが、デスクワークだったり

交通手段が車や電車だったりすると、太ももの筋肉はほとんど使われません。

さらに、下着やガードルの締めつけなどで、太ももの付け根にあるリンパ節が圧迫されると、余計にリンパが滞ります。

すると、リンパに取り込まれた水分や脂肪、老廃物がまた下に下がっていきます。

このように、脚は常に脂肪が溜まりやすい状態になっていることが多いので、セルライトが出来やすいのですね。

ですから、脚にセルライトを出来ないようにするには、常に意識して心がけることが大切です。

マッサージや運動などを行い下半身の血流とリンパの流れを促進することが第一なのです。

スリムレッグラボ脚やせの詳細はコチラ