のど(咽頭クラミジア・咽頭淋菌)検査の料金を徹底比較

のどに感染する性病は、主にオーラルセックス(口を使った性行為)で、尿道や膣から出る分泌液、唾液などがのどの粘膜に付着することで感染します。のどに感染する性病には、咽頭クラミジアと咽頭淋菌といったものがあります。日本における性感染症の中で、感染者数第1位がクラミジアで、第2位が淋菌というデータが出ています。

通常のセックスだけでなく、様々な性行為(オーラルセックス・アナルセックス)で感染してしまうので、新しいパートナーができた時、過去に多数の方と性行為をしてきた・・・といった方は、咽頭クラミジアと咽頭淋菌などの咽頭感染症の検査を受けておいた方がいいでしょう。

咽頭クラミジアと咽頭淋菌に感染してしまうととても厄介です。と言うのも、のどに感染しても自覚症状がほとんどありませんし、症状が現れたとしてもその症状は風邪を引いた時の症状に似ているからです。咽頭クラミジアや咽頭淋菌の感染によって見られる主な症状としては、のどの腫れ、のどの痛み、のどの発赤、発熱、中耳炎などです。このように、風邪を引いた時に見られる症状に似ているため、感染したとしても風邪を引いたと勘違いをしてしまい、ただ風邪薬を飲んで安静にしていれば治ると思い込んでしまうので、そのまま放置したままにする方が多いのです。

その結果、病状が進行してしまい、咽頭炎や扁桃腺炎といったのどの病気を発病するのです。もしも、風邪だと思っていた症状がいつまで経ってもなかなか改善されない場合は、医療機関で検査してもらうのがいいでしょう。咽頭クラミジアと咽頭淋菌の検査が受けられる医療機関は、耳鼻咽喉科・婦人科・泌尿器科・性病科などです。

のど(咽頭クラミジア・咽頭淋菌)検査方法とは?

検査方法としては、SDA法(遺

伝子増幅法)といった検査が行われ、綿棒(スワブ)やうがい液によってのどから採取した検体を調べることで咽頭クラミジアと咽頭淋菌に感染しているかがわかります。しかし、検査できるとわかっていても、病院に性病の検査に行くのが恥ずかしい、忙しくて病院に行く時間がない・・・という方もいるでしょう。そんな方には、自宅で検査ができる郵送検査がオススメ!郵送検査とは、自宅で自分で検体を採取して、あとは採取した検体を郵送するだけで検査が行える検査方法です。検体を採取する方法も誰でも簡単にできますし、病院へ行く必要もなければ、誰にも気づかれずに自宅で自分で検査ができるので、性病の検査が恥ずかしくて病院にいきたくないという方に持って来いの検査方法だと思います。

この郵送検査によって咽頭クラミジアと咽頭淋菌の検査が行える有名な検査キットは、ふじメディカルの「のどセット」とGME医学検査研究所の「のど(淋菌・クラミジア)検査セット」の2つです。ふじメディカルの「のどセット」の方は、綿棒(スワブ)を使って口とのどの境目辺りを擦ることで検体を採取し、GME医学検査研究所の「のど(淋菌・クラミジア)検査セット」の方は、水でうがいをして、そのうがいした水(検体)を容器に採取する検査方法です。そして、各検査キットにかかる料金は以下の通りです。

【5,000円】のどセット!咽頭クラミジア・咽頭淋菌検査/ふじメディカル
【6,170円】のど淋菌クラミジア検査セット/GME医学検査研究所

2つの検査キットの料金を比較すると、ふじメディカルの「のどセット」の方が1,170円お得な料金設定になっています。ここで注目して欲しいのが、ふじメディカルの「のどセット」の検査方法では、検体の採取に綿棒(スワブ)を使っているという点です。実は、綿棒(スワブ)による検体の採取は、うがい液による検体の採取と比較して、採取できる検体の範囲が狭いのです。最近では、広範囲の検体が採取でき、検出率が高いうがい液にって検体を採取する検査を推奨している医療機関が増えてきているくらいです。ですから、大切なパートナーのことを考えたら、多少料金が高くても検出率の高いGME医学検査研究所の「のど(淋菌・クラミジア)検査セット」を選択することをオススメします。