頬の赤みを治すキッカケは白漢しろ彩でした!

shiro900-1

頬や鼻、アゴの赤みにお悩みではありませんか?

私は若い頃からずっと顔の頬や鼻、アゴ辺りがいつも赤みがかっている赤ら顔に悩まされてきました。

だって、友達からは「暑くもないのに、何でいつもそんなに顔が赤いの?」とからかわれるし、

チークでオシャレしたくてもできないし・・・

もう外出して人に顔を見られるのが本当に嫌で仕方なかったんです。

たぶん、私と同じように赤ら顔で嫌な思いをした方は結構いるんじゃないでしょうか。

かと言って、自分で何とかしようといろいろ試してはみたんですけど、どうも上手くいかないんですよね。

メイクで赤みを隠そうとしたり、肌に良さそうなスキンケア化粧品を試してはみたものの、自分が納得できるような効果は得られなかったんです。

皮膚科の専門医に診たもらったんですが・・・

もう自分ではどうしようもないので、今度は病院の皮膚科に行って診てもらうことにしました。

お肌の専門家である病院の皮膚科に行けば、きっとすぐに原因や解決方法が

わかるだろうと思っていたので期待しながら足を運びました。

ところが、病院で医師の診断結果を聞いて愕然とました。「原因はわかりません・・・」こう告げられたんです。

まさか皮膚科の専門医でも明確な答えがわからないとは思ってもいませんでしたが、

今の医療知識では赤ら顔の根本原因を探し出すのはどうやら難しいみたいです。

また、ピーリングやレーザー治療なども受けてみましたが、効果は一時的なものでしかなく、

すぐに元の赤ら顔に戻ってしまい根本的な解決にはなりませんでした。

この時ばかりは、もう本当に諦めようかと思っていたんです。

実は赤ら顔の原因は毛細血管にあった!

ここまでいろんな手を尽くしてもどれも上手くいかず半分諦めかけていましたが、

でも、心のどこかに「やっぱりこのまま一生赤ら顔に悩まされ続けるのは嫌だ・・・」

と諦めたくない自分もいました。

そこで、これが最後と腹をくくって何か良い解決方法はないかともう一度探してみることにしました。

すると、白漢しろ彩という赤ら顔ケア専用化粧水を紹介しているサイトに辿り着いたんです。

人間の顔、特に頬や鼻、アゴ辺りには多くの毛細血管があるんですが、皮膚が薄い、

敏感肌、皮膚分泌が多いといった3つのタイプの肌の場合、

ほんの少しの刺激が加わるだけで毛細血管が炎症を起こし、通常よりも開いた状態になります。

毛細血管が開いた状態になると血液内の赤血球が多くなり、それが皮膚に透けて見えたのが赤ら顔というわけです。

私も赤ら顔になりやすい3つの肌タイプに当てはまっていたので、どうりで赤ら顔になりやすかったわけですね。

そして、この毛細血管の炎症を抑えて赤ら顔になるのを防いでくれるのが白漢しろ彩という赤ら顔ケア専用化粧水なんです。

shiro900-2

赤ら顔ケア成分を豊富に配合し浸透力も高い

白漢しろ彩には、フランスの地中海から抽出した美容成分「海洋性エキス」をはじめ、

ショウガ根茎エキス・甘草(カンゾウ)・茯苓(ブクリョウ)・川?(センキュウ)といった4つの和漢植物エキス、

角質層まで浸透して抗アクネ効果や美白効果がある高浸透型ビタミンC誘導体、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの

3つの保湿成分など赤ら顔をケアに有効な成分がたっぷり配合されています。

また、肌の角質層と同じラメラ構造で作られているので肌への浸透力がとても高いんですよ。

実際、私の肌にもすごく馴染みやすかったです。あと、私は特に敏感肌だったので、

自分の肌に合う化粧品がなかなか見つけられなかったんですね。

他の化粧品だとどうしてもヒリヒリして肌に馴染まないんです。

その点、白漢しろ彩はアルコールやパラベン、フェノキシエタノールなどの添加物は一切使用されていない

とても肌に優しい化粧水なので、敏感肌の私でも大丈夫でした。

おかげで少しずつ顔の赤みが引いてきて、肌に潤いやハリも出てきた感じがします。

もし、あなたが私と同じように赤ら顔でお悩みなら白漢しろ彩を試してみてください。

30日間返金保証付なので、万が一あなたの肌に合わなくても返金してもらえますから安心して試せますよ。

白漢しろ彩の詳細はコチラからどうぞ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ