簡単に始められる駐車場経営ですが、しっかり収益を出すためには、運営ノウハウが必要なことは言うまでもありません。成功するためには、初期投資コストや毎月の運営コストをはじき出して、収支シミュレーションを行います。

その為に必要になるのが、駐車場の設計プランです。

設計プランが無ければ、売上予測投資コスト運営コストもシミュレーションできません。

あなたの土地に合った駐車場経営プランが必要!

駐車場経営を始めるための設計プランは、実際の土地に合ったものでなければなりません。

どんな土地も、立地条件・土地の大きさ・土地の形が違います。

ですから、具体的に駐車場にする土地で駐車場プランを考えます。

この時の注意点は2つです。

【1】地元の状況を知っていて駐車場経営のノウハウを持っている専門家に頼む!
【2】一社のプランだけで決めないで、必ず複数のプランを比較して検討する!

なんだか当たり前のように聞こえると思いますが、この法則を守らない方が意外と多いのです。

  1. 土地が狭くて規模が小さいから、気兼ねしてしまった。
  2. ともとも駐車場経営の専門家を何人も知らない。
  3. 複数の会社に声をかけると断るときに大変だから。

こんな理由で、成功の法則を破ってはいけません。実際に複数の駐車場の設計プランを比較すると、驚くほど違うアイデアがあることが判ります。さらにプランによって初期投資が変わります。もちろんプランによって売上予測も変わる訳です。ですから運営ノウハウを持った会社からの設計プランが必要なのです。できれば3社以上の駐車場プランと見積を比較するのが理想です。

駐車場経営プランを一括で複数社へ依頼できるサービス

ご紹介するのは、リビン・テクノロジーズ株式会社が運営する『リビンマッチ』という土地活用サイトです。2018年時点で大手上場企業はもちろん地域密着の優良企業が800社以上参加しています。

このサービスは、複数の企業へ一括で、駐車場経営プランを依頼できるところです。つまり『リビンマッチ』を使えば、どんなに狭い土地でも、駐車場経営の専門家を知らなくても、あたなの土地にあった駐車場プランを入手できるのです。

使い方も簡単!ネットから必要項目を入力するだけで完了します。あとは、それぞれの企業から、駐車場経営プランが提示されるのを待つだけです。プランと見積が提示されたら、各社のプランを比較して検討します。※万が一気に入らなくても、わざわざ断る必要もありません。気になるプランがあれば、詳しく打合せをすることもできます。

リビンマッチの使い方は、とても簡単です。
STEP【1】 都道府県を選ぶ
STEP【2】 市町村を選ぶ
STEP【3】 土地の有・無を選ぶ
STEP【4】 敷地面積を入力する
STEP【5】 町名番地を入力する

あとは、お名前・フリガナ・電話番号・メールアドレス・年齢など連絡先の情報を入力するだけです。しかもこれ無料なので使わないと絶対に損です。駐車場経営をお考えなら試してみてください。

⇒ 駐車場プラン一括請求はコチラから